CIANA

マッサージ情報関連サイト「シアナ」

MAIL MAGAZINE

製品保証等

1.CIANA フロッシングバンド

 _MG_2804_s _MG_2810_s

CIANA フロッシングバンドの保証期間は、ご購入後半年とさせていただきます。

使用上の注意:CIANA フロッシングバンドをお使いの際は以下の点に注意して下さい。

・フロッシングによって、あざが発生することが多くあります。
・製品を不適切に使用すると重大な傷害をもたらす可能性があります。 
・長時間の使用は推奨されません。1カ所につき、巻いている時間は約2分が目安です。
・四肢及び体幹での使用を目的にしています。頚部などには使用しないでください。
・使用前に損傷やキズが無いことを確認し、もしある場合は決して使用しないでください。
・次の疾患やリスクがある場合は絶対に使用しないこと。皮膚疾患/糖尿病/創傷/
 ゴムアレルギーの場合(衣類の上から使うこと)/動脈の閉塞症/ 癌性腫瘍/傷害や熱傷/
 慢性心不全/血栓症と急性の静脈障害/慢性的な炎症など

万が一、使用中に異常を感じたら、直ちに使用を中止し医師に相談して下さい。

 

2.CIANA シリコーンカッピング

Cupping set1

CIANA シリコーンカッピングの保障期間は、ご購入後3ヶ月とさせていただきます。

また本製品は以下の使用上の注意を良くお読みになりご使用下さい。

■使用上のご注意

  • 皮膚病・血管病・お肌が弱い部分や異常のある時は使用しないでください。
  • 途中で気分が悪くなったり、水泡ができる等皮膚への異常を感じたりした場合は、直ちに使用を中止してすぐに医師に相談して下さい。
  • 使用後すぐにシャワーやお風呂につかるとまれに炎症等を起こす場合があります。
  • 付けたまま眠らないでください。
  • 斑点やしこりが残ることがありますが、通常4〜5日経つと目立たなくなります。
  • 吸引跡が残ることがあるので、露出部分に使用しないでください。
  • 本商品は治療用ではありません。
  • 不快さや痛みを感じる時は、吸引を弱めてお使いください。
  • 目、喉、耳には絶対にカッピングを当てないでください。
  • 乳幼児の手の届かないところへ保管してください。

■禁忌事項

  • 心臓弁膜症など心臓に異常がある場合
  • 動脈硬化や動脈瘤など血管に異常がある場合
  • 全身性貧血の場合
  • 白血病などの疾患で出血傾向がある場合
  • 体力が極度に低下している場合
  • 妊娠中の場合(特に腹部や腰部)
  • 盲腸炎や腹膜炎、十二指腸潰瘍など外科手術が必要な場合
  • 皮膚がんなどの悪性腫瘍がある場合

■施術をされる先生方へ

  • 上記の使用上のご注意をよくご説明頂き、かつ禁忌事項についてご確認された上でご使用下さい。
  • 施術の度に滅菌消毒をして下さい。

 

3.CIANA アロマオイルシリーズ

aroma_small

アロマオイルは以下の注意事項をご確認いただきご使用ください。

・原液を肌につけない

エッセンシャルオイル(精油)は原液のまま肌につけないよう注意してください。マッサージに使用する場合は、必ずキャリアオイルなどで1%程度以下に希釈して用いてください。誤って精油の原液が直接皮膚についた場合は、すぐに大量の流水で洗います。赤み、刺激、発疹など皮膚に異常がみられた場合は、医師の診察を受けてください。

・内服はしない

エッセンシャルオイル(精油)は飲まないでください。精油を誤飲してしまった場合、口の中に精油が残っているときは大量の水で口をすすいで下さい。子供が誤飲した場合は、吐かせずに、すぐに医師の診察を受けてください。受診するときは、誤飲した精油を持参し、飲んだ量を医師に伝えてください。

・目や傷口、粘膜に触れないようにする

目や傷口、粘膜付近などに触れないように注意してください。万が一、目に入った場合は水でよく洗い流して、直ちに眼科医師の診断を受けてください。

・妊娠中は芳香浴程度に使用を留める

妊娠中は、軽い芳香浴程度の使用に留め、マッサージ(トリートメント)や芳香浴法以外の使用は念のため控えてください。アロマテラピートリートメントを受ける場合は、医師や専門家に相談しましょう。

・皮膚の弱い方の場合

希釈した精油を皮膚に塗布して使用する場合(トリートメントオイル、ボディスプレー、スキンローションなど)は、事前にパッチテストで安全性を確認することをおすすめします。また、特に皮膚の弱い人、初めてアロマテラピーを利用する場合などは、精油の希釈濃度にも注意が必要です。精油成分の一部には、日光などの強い紫外線に反応することによって、皮膚に炎症を起こすなどの毒性を示すものがあり、これを光毒性と呼んでいます。光毒性をもつ可能性のある精油(グレープフルーツ、ベルガモット、レモンなど)を日中に使用する場合は注意が必要です。

・病気による禁忌

医師による治療を受けている場合や、薬を処方されている場合は、必ず医療機関に相談してください。

・3歳未満の子供の肌には使用しない

3歳未満のお子様に対しては、マッサージ(トリートメント)や芳香浴など肌に触れる形での使用はお控えください。3歳以上のお子様でも、精油の使用量は、成人の使用量の10 分の1程度から始め、多くても2分の1の程度とし、使用にあたっては十分に注意してください。

・子供の手の届かない冷暗所に保存する

誤飲、誤用による事故を避けるため、小さなお子様の手の届かないところに置いてください。キャップはしっかりと閉め、日光のあたらない冷暗所で保管してください。開封後は一年以内に使い切るようにしてください。

・火気に注意

キッチンなど火気を扱う場所で、精油や精油を用いて作製したものを使用するのは控えて下さい。

PR

MOVIE