CIANA

マッサージ情報関連サイト「シアナ」

MAIL MAGAZINE

記事&ニュース

治療家のための“伝わる”英語勉強法2 第4回〈トレーナーに必要な『旅』の知識①〉
2018.08.24

治療家のための“伝わる”英語勉強法2
第4回〈トレーナーに必要な『旅』の知識①〉

by斎藤大介


私は現在、全米女子プロゴルフツアーの帯同で年間15カ国を訪れますが、その他の仕事やプライベートの旅行を合わせると、年間20カ国程度を行き来しています。野球やサッカーのようなチームスポーツと違って、私のような個人トレーナーの場合は基本的に移動や宿泊の手配は自分で行いますので、『旅』の知識があるかないかでかかる経費が全く違ってきます。

海外を目指すうえで、お金の問題はとても大事になってきます。私の場合はツアー年間35試合(35週間)、15カ国を行き来する生活ですが、年間経費は約350万円に抑えています。トレーナー以外にも複数の仕事をしているので、実際にはその他の経費もありますが、年間35週間のゴルフツアーにかかる経費はこの程度です。

毎週飛行機に乗って、毎日レンタカーを借りて、さらにホテル暮らしなので、節約しなければ1000万円を超えてしまいますが、この額に抑えられているのは、旅の知識があるからです。主な経費は①レンタカー、②宿泊、③飛行機などの移動費の3つなので、ここを節約することで経費が大幅に削減できます。

①レンタカー

アメリカではレンタカーが非常に安く、車のサイズにもよりますが、一般的なセダンを1週間借りても約2万~2万5000円程度です。ガソリンもとても安く、州によっては日本の約半分の料金です。

レンタカーに関しては早く予約しても特に割引はありませんので、最低限2週間以上前に予約しておけば特に問題ありません。アメリカではニューヨークなどの大都会を除いてほとんどが車社会なので、どこへ行くにも車は必要です。

日本の運転免許証を持っていれば、渡航する前に日本で国際免許(正確には「国外運転免許証」、有効期限は1年間)を取得することで、ほとんどの国で車の運転が可能になります。詳しくは最寄りの運転免許試験場や運転免許更新センター、また指定警察署にお問い合わせください。

参考:国際免許を取ろう!部サイト)

アメリカは日本と同じくタクシー料金が非常に高く、また国土も広いため、小さいエリアを移動するのであればタクシーやバスが便利ですが、それ以外であれば効率よく動けるレンタカーをおすすめします。一方、アジアでは逆にタクシーがとても安いのですが、運転マナーが悪い国が多いので、レンタカーで運転するのは危険です。

インターネットにつながっていれば、スマートフォンで簡単にタクシーが呼べて、ぼったくりの心配もないUber がおすすめです。

参考:Uberってどんなサービス?Uberの特徴や利用方法、タクシーとの違いを徹底解説 (外部サイト)

②宿泊

アメリカではホテルの部屋に対して料金が決まっているので、何人で泊まっても同じ料金です。日本でもよくあるようなシングルベッドの部屋でもとても高く、1週間滞在するとほとんどの場合10万円を超えてしまいます。そのため、ホテルに泊まるなら何人かでシェアするのが基本になっています。

私のように基本的に1人で行動する人には、Airbnb をおすすめします。これは一般の家の空いている部屋を借りることができるサービスです。日本でもこのサービスが徐々に広まっていますが、アメリカでは部屋ごとにシャワーがついている家が多く、キッチンや洗濯乾燥機などホテルにはないものがそろっているので、かなり快適に過ごせます。

私の場合、アメリカでは1泊平均約4000円、アジアでは約2000円で、ホテルの3分の1程度で快適に部屋を借りられます。また、オーナーもお金を受け取ってビジネスとしてやっているので、変に気を使う必要もなく気軽に滞在できます。ただ、家ごとにルールがあるので、そこは必ず守る必要があります。

私が滞在した部屋の写真から、雰囲気を感じてみてください。国ごとにいろいろなタイプの部屋があり、ローカルな生活ができるので、とても貴重な経験になります。

③移動費

LCC(格安航空)が出てきたおかげで、世界中を旅行するコストが劇的に安くなりました。日本とアメリカとの往復で十数万円も払う時代ではなく、私はいつも5~6万円程度で往復しています。

飛行機のチケットを安く取る鉄則は、やはり早く予約することです。私の経験上、3カ月以上前に予約することで、同じ路線でも料金がかなり変わってきます。skyscanner というウェブサイトを使うと、出発地と目的地、そして日付を入力するだけでいろいろな航空会社のなかから一番安い航空券を探すことができます。

LCCの場合はマイルがつかないのが気になるかもしれませんが、今の時代は毎回同じ航空会社を使ってマイルを貯めるよりも、少しでも安いチケットを探してマイルなしで乗るほうがお得です。乗り換えの回数や航空会社にこだわらないのであれば、早い時期にskyscanner で予約することで、おおよそ以下の料金で往復のチケットが購入できます。参考にしてみてください。

アメリカ西海岸:5万円~
アメリカ東海岸:8万円~
ハワイ:5万円~
東アジア:1万5千円~
東南アジア:2万5千円~
EU:8万円~

LCCとAirbnb を組み合わせることで、とても安く海外に行ける時代になりました。
次回は旅のスキルについて、さらにほかの方法を紹介します。

プロフィール

斎藤大介(さいとう・だいすけ)
1985年、群馬県生まれ。高校卒業後、柔道整復師、鍼灸師、あん摩指圧マッサージ師の資格を取得。2010年、ファイテン株式会社に入社し、企業のトレーナーとしてプロ野球選手、プロゴルファー、ビーチバレー、大学駅伝などの選手を担当。2014年に独立し渡豪。ゴルフの名門AnKゴルフアカデミーの専属トレーナーとして活動しながら、2015年8月にJAPANESE SPORTS MASSAGEをオーストラリア・ゴールドコーストに開業。2016年9月より全米女子ゴルフ協会(LPGA)のツアーに帯同。2018年5月現在、メジャーチャンピオン2名を含む6名の外国人選手と契約。