CIANA

マッサージ情報関連サイト「シアナ」

MAIL MAGAZINE

記事&ニュース

海外で広がる指圧の輪 メキシコにて浪越指圧セミナーを2017年11月に開催
2018.02.09

 

メキシコの首都メキシコシティーで浪越指圧セミナーが2017年11月9日、10日に開催されました。私がメキシコで行われる指圧セミナーに参加するのはこれが3回目です。 

1回目は2008年、メキシコ出身で日系2世の滝口ゆり子先生が主催した指圧セミナーで、2回目は2013年、やはり滝口ゆり子先生が企画した国際指圧シンポジウムに招待していただきました。

滝口ゆり子先生は、メキシコシティーの一角にある建物の3階に治療所を構え、6人のスタッフを使って指圧治療とフェーシャルマッサージを行っています。実際に治療所を訪問しましたが、なかなか活気を呈しており、ひっきりなしに患者さんが押しかけていました。また、週末には浪越指圧の教室を開き、メキシコでの普及活動を行っているとのことでした。この教室は教育機関として労働教育省にも登録されているので、正式な指圧学校であるといえます。

 

今回の指圧セミナーの会場は、日墨協会の施設のなかにありました。日本関係のイベントによく使用されるということで、内装が日本形式のサロンになっています。この会場は、メキシコに移民した日本人たちが集まれる施設がほしいという希望に答えるため、同じく移民である日本人がメキシコシティー内の広大な土地を手に入れて建物を建設し、寄付したそうです。その土地の広大な敷地内にはほかにも、日本庭園や文化サロン、日本レストランなどもあります。

そこでは春には花見、秋には祭り、冬には餅つき大会、そして新年会と、日本の文化を広めるイベントを毎年開催しており、日墨の友好関係を推進する施設として使用されているとのことでした。

そのような施設で指圧セミナーを開催していただき、日本の文化を披露する機会を与えていただいたことに大変感謝した次第です。

 

セミナーの参加者は約50人。メキシコ全土のほか、アルゼンチンやキューバ、ペルーからもわざわざ何人か参加してくれました。メキシコやアルゼンチン、ブラジル、ペルーなどでは、比較的指圧治療が知れ渡っています。よい指圧の先生がいれば、どんどん指圧の市場が広がっていくのですが、いかんせん南米は指圧を正しく教える先生がほとんどいない状況です。

日本にも日本人の身体に合った指圧法があるように、その国独自の人種の体に合った指圧法があります。そのためには10年以上、地道に現地人の施術をすることで、つくっていかなければなりません。2万回の施術を消化したあとに、やっと人様に教えることができる、これが私の哲学です。このくらいの覚悟がなければ、外国では指圧は教えることはできません。

 2日間の指圧セミナーのテーマは、身体のバランス(大腰筋)を考慮した腰部および骨盤付近の指圧法でした。特に頚部の治療は、スマートフォン症候群の症例を、頚部と腰部の関連(反射ゾーン)をパワーポイントで見せながら、実技を中心に説明しました。この指圧セミナーはメキシコのあとがパナマ、そしてエクアドールと続きます。

(ヨーロッパ指圧浪越代表 小野田茂氏・報)

 

世界に広がる浪越指圧の、基本から臨床までを徹底解説した
DVD『基礎から臨床まで 浪越指圧の実技』(医道の日本社)