CIANA

マッサージ情報関連サイト「シアナ」

MAIL MAGAZINE

記事&ニュース

フォームローラーを活用した筋膜へのアプローチ
2018.01.23

 

皆さん、こんな悩みはありませんか?

・仕事が増えて肩コリがひどくなった……

・身体が重くて、筋肉の張りが気になる……

・机仕事で、背中がいつも丸まるせいで姿勢が悪いと感じる……

  私も経験したことがあるので、あなたの悩みはよくわかります。 身体を壊す前に筋膜のコリをリリースするためのセルフケアがとても大事です。 今回はセルフケアに役立つCIANAフォームローラーとパイプローラーを紹介し、その活用法を紹介します。  

筋膜って何?

筋膜とは筋肉をつなぐ膜だけでなく、組織間をつなぐ結合組織です。身体の表層から深部まであらゆるところに存在し、全身を包んでいます。筋膜の定義は専門家によってさまざまですが、 人の生きた筋膜の構造:内視鏡検査を通して示される細胞外マトリックスと細胞(Jean-Claude Guimberteau 〈著〉、 Colin Armstrong 〈著〉、竹井仁 〈翻訳〉)では、筋膜を次のように定義しています。
筋膜は身体内部で張力がかかった連続する原線維ネットワークであり、皮膚表面から細胞核にまで広がっている。この全体的なネットワークは可動性と適応性を持ち、フラクタルで不規則であり、人体の基本的な構造体系を構成している。
本書では生きた人間の筋膜を紹介しています。『アナトミー・トレイン』のThomas Myersは生きた筋膜の動画を見て「何かしらのトリックや冗談に違いない、これが生体組織の現実であるはずがない」(本書コメントより)と思ったそうです。 本書に付属する動画の一部を下記の動画で紹介しています。死んだ解剖組織とはまったく違う世界があることがわかるはずです。 https://youtu.be/epbmUhLavuI

筋膜リリースって何?

結合組織は線維であるために絡まりやすく、絡まると硬くなります。筋膜が硬くなると、腰痛などの痛みを生じたり、筋肉の機能不全により、関節の可動域が低下してしまったり、さまざまな影響が生じます。筋膜リリースは筋膜の絡みをほぐして、筋膜の柔軟性を取り戻すことが目的となります。 人の生きた筋膜の構造では筋膜が絡まってしまって瘢痕組織になった状態が紹介されています。正常な筋膜と比較して、筋膜がひどく絡まってしまうとどうなるのかが一目瞭然となっています。 筋膜リリースで役立つツールの1つがフォームローラーです。マッサージを受けるような感覚で硬くなった筋膜をほぐすことができます。

CIANAフォームローラー

シーンや用途に合わせたローラーで身体に向き合う習慣づくりをサポート CIANAフォームローラー CIANA フォームローラー「だれもが、いつでも、どこでも、セルフケアを」という思いで開発した商品です。 毎日のセルフケアを通して、自分の身体に興味を持つことはとても大切です。 少しの不調でも早めに気づき、治療や予防に意識が向くよう、サポートするアイテムです。 他社製品と比べて、3つの特長があります。

・表面に小さな凹凸をつけて滑りにくくしています。

・ケガや事故に備えてコーナーを丸く加工しました。

・硬さは3種類あります。目的や症状に合わせて選べます。

 

ソフト

高齢者や女性に使いやすい柔らかさです。 [caption id="attachment_8170" align="alignnone" width="300"]CIANAフォームローラー 柔らかいので心地よい[/caption] Amazon 医道の日本社ネットショッピング

スタンダード

そこそこの柔らかさと硬さを兼ね備えます。迷ったらこれでしょう。 [caption id="attachment_8210" align="alignnone" width="300"]CIANAフォームローラー そこそこの硬さでエクササイズに使いやすい[/caption] Amazon 医道の日本社ネットショッピング

ハード

アスリート向けになります。触ればわかりますが、ソフトとスタンダードより明らかに硬いです。 [caption id="attachment_8174" align="alignnone" width="300"]CIANAフォームローラー アスリートでも満足できる硬さ[/caption] 医道の日本社ネットショッピング  

CIANA パイプ型フォームローラー

1本で何通りにも使いこなせる CIANAパイプ型フォームローラーは強い刺激や深部にアプローチしたい場面で効果を発揮します。 筋膜リリース、エクササイズ、ストレッチ、ツボ療法など、1本で何通りにも使いこなせる商品です。

・短時間では緩めきれない筋肉をしっかりほぐす凹凸面。

・滑りがよくリリースしやすい平らな面。

・コンパクトサイズで目的の筋肉にピンポイントで当てることができます。

・筋膜リリース、エクササイズ、ストレッチ、ツボ療法など1本で何通りにも使えます。

[caption id="attachment_8188" align="alignnone" width="300"]CIANAパイプローラー 腰で転がすといい刺激になります[/caption] [caption id="attachment_8189" align="alignnone" width="300"]CIANAパイプローラー 大腿で転がす[/caption] Amazon 医道の日本社ネットショッピング

CIANA ヨガトレーニングマット

床で直接行うより、マットがあると身体への負担が減る 体重がかかる部位を守ってくれます。フォームローラーと一緒にあるととても便利です。 [caption id="attachment_8184" align="alignnone" width="300"]CIANAヨガマット ヨガにもうってつけ![/caption] [caption id="attachment_8192" align="alignnone" width="300"]CIANAヨガマット 腕立てにもOK[/caption] Amazon 医道の日本社ネットショッピング  

フォームローラーを使ったテクニック

患者とできるフォームローラーパーソナルセラピー』からすぐにできるテクニックを紹介します。

 

肩の可動性を高めるエクササイズ

机仕事を行う人は肩が凝りがちです。そんな人にうってつけのテクニックがこちらです。 1 1.床やマットの上で四つ這いになり、フォームローラーに両手をのせる。 2 2.フォームローラーが前方に転がる方向に押す。このとき両肩でローラーを押して、肩の伸筋群が伸張されているのを確認する。 3 3.体幹を前方に移動させて、元の位置に戻る。 4 4.下に重心をおいたまま、身体を少し前に出す。2、3、4を連続でゆっくりと行い、肩の屈筋群と伸筋群の伸張を繰り返す。  

まとめ

CIANAフォームローラー ヨガマット 今回はCIANAフォームローラーを紹介しました。 紹介したテクニックは自宅ですぐ出来ます。ぜひトライしてみてください。