CIANA

マッサージ情報関連サイト「シアナ」

MAIL MAGAZINE

記事&ニュース

米国発! ティナ・アレン式小児マッサージ 第5回 専門職の就職面接の準備

ティナ・アレン

2015.07.14

第5回 専門職の就職面接の準備

ティナ・アレン


Businessman Filling Up Form on Office Desk

医療現場で募集するマッサージ・セラピスト職の就職面接を準備するのは、他の職場の面接とはまったく違います。

 

添え状、履歴書、職務経歴書が必要

 

あらゆる専門の医療従事者は、将来の雇用者に自分の経歴をうまく伝えられるよう、専門職用の書類を準備します。一般的に、書類は添え状(cover letter)と履歴書(resume)が含まれますが、医療施設では職務経歴書(curriculum vitae: CV)が真剣に検討されます。病院や他の医療施設が雇用の候補として検討するのは、おそらく最も専門の経歴があるマッサージ・セラピストだけでしょう。うまくまとめた添え状は、病院業務で大部分を占めるコミュニケーション・スキルを示すのに役立ちます。履歴書は過去の仕事の経歴をまとめ、応募する職に最も役立つ経歴部分を具体的に示しましょう。

 

CVは、マッサージの分野で働く人々にはあまりなじみがありません。通常は大学卒業者が使いますが、医療施設で真剣に検討してもらいたいマッサージ・セラピストは、病院職員の雇用指針に耐えうる専門の職歴と学歴を示すCVを作成すべきでしょう。CVには、あなたの信用性と専門技術を示す短い略歴、仕事の経歴、学歴、賞・栄誉を記載します。

 

事前の準備

 

常に専門職の自分を紹介することを第一としなければなりません。患者のために最高の治療を提供するよう、用語の学習、適切な記録、医療チームの一員としての治療・仕事スケジュールの理解など、医療コミュニティを考慮することが必須になります。マッサージ・セラピーの高度な訓練は、プロのマッサージ・セラピストとしての施術を医療現場のレベルへ進めるための指導をしてくれます。マッサージのすべての専門において、訓練と準備は重要なのです。

 

尋ねられる可能性がある質問の準備を出来る限りしましょう。

●あなたは何ができるのか簡単にまとめていただけますか?

●なぜマッサージ・セラピーの仕事を続けてきたのですか?

●なぜ病院で働きたいのですか?

●患者に役立つマッサージの利点はどんなものがありますか?

●他の応募者とは何が違いますか?

 

面接に持ってくる物

 

既に添え状、履歴書、CVを提出しましたが、面接時には2部持っていくのが得策でしょう。こうすれば、面接者に1部、応募者の参考用に1部持つことができます。ファイルには、下記の物をそれぞれ2部ずつ入れましょう。

●マッサージ免許(または、該当地域での施術を認めた文書)

●専門の保険証書

●身元調査書

●予防接種記録

●担当医師の健康報告書

●ツベルクリン検査陰性証明書

●高度の専門訓練・教育を示す認定証

●医療環境におけるマッサージの利点を実証する検討用の印刷物、引用文献と参考研究を添付する

 

医療現場で働く

 

まず何より、医療施設の指針に従わなければなりません。行う許可がなければ医療現場で行動することはできません。許可には申請、文書化、身元調査などの完了が含まれます。最初は、同じ部門にいる他の医療従事者についていくことから始め、医療システムの中をうまく歩く方法を学んでいくでしょう。また、この交流は医療チームとコミュニケーションをとり、親密な関係を築くのにも役立ちます。いずれの医療施設のマッサージ・セラピスト職を検討するにせよ、コミュニケーションとプロフェッショナリズムが成功の鍵となります!

 

プロフィール

tina-bio-pic-300dpi-4x6_2013BW

ティナ・アレン

国際リドルキッズ協会代表。メイヨークリニック、UCLAマテルこども病院をはじめとした医療機関にて、医師、看護師、保健師、助産師たちと、小児マッサージプログラムを開発。2010年より来日し、小児マッサージの指導者を養成する。世界各国の病院や児童養護施設においてボランティア活動を行い、その功績は数々のメディアに広く称えられている。世界マッサージ会議などでも基調講演を務め、国際マッサージセラピストオブザイヤー、国際健康人道支援団体としても表彰される。全米テレビ番組NBCなどでも、その活躍が取り上げられている人気講師。