CIANA

マッサージ情報関連サイト「シアナ」

MAIL MAGAZINE

記事&ニュース

米国発!ティナ・アレン式小児マッサージ 第2回  先天性筋性斜頚のためのアプローチ

ティナ・アレン

2015.04.03

第2回 先天性筋性斜頚のためのアプローチ

ティナ・アレン


Mother massaging her lovely baby

斜頸(torticollis)は、「ねじり」を意味する”tortus”と「首」を意味する”collum”というラテン語が起源です。先天性筋性斜頚(congenital muscular torticollis: CMT)は、「曲がった首(wry-neck)」、「項部硬直(stiff-neck)」などとも呼ばれます。1912年に「先天性または後天性で、頸部捻転と顔面の偏位を伴い、頭部から肩の側方への傾斜を特徴とする変形」と最初に定義されました。新生児の0.3~2%がCMTを呈しています。これは胸鎖乳突筋(sternocleidomastoid muscle: SCM)の片側性短縮が原因で、無痛性の病態と考えられています。SCM短縮により、患側で同側性の頭部傾斜と、顔面と顎の対側性回旋が生じます。早期に診断されれば治療は簡単で、1~4歳の子供で良好の転帰となり、手術が必要とされることはあまりありません。

 

症状

CMTの子供はいろいろな症状を呈します。最もよくあるのは、顎が対側部位に向いた、患側への明らかな頭部傾斜です。乳児の頭や顔が平らになる斜頭症は、CMTを持つ症例の90%で報告されています。頭蓋底と頭蓋の変形は成人期まで続き、変形を引き起こしている片側への荷重を止めるために治療が必要です。 

小児マッサージで親に尋ねるプロセスを通じて、この病態の評価を行うことができます。子供がよく頭を一方にかしげるか、眼で追うのに頭を回さずに肩越しに見るのを好むか、特定の姿勢での授乳ができないか、特定の方向に頭を回す際にフラストレーションを示すか、などを尋ねます。これらは、斜頸の乳児や幼児が示す徴候と症状です。  

 

治療

斜頸の治療は、乳児の年齢、斜頸の重症度、斜頭症の診断、関連する神経筋障害と整形外科的障害の存在により変わります。SCM腫瘤の約50~70%は、生まれて1年で寛解し、一生続く症状になることはほとんどありません。

 

小児マッサージ

マッサージ治療を始める前に、医療専門家に子供をきちんと診断してもらうことが重要です。斜頸に関連する付加的な病態は、追加の管理を含む、完全な評価と治療が必要となります。

前述したように、SCMは斜頸で最もよく影響を受ける筋肉です。SCMは鎖骨の内側端を起始とし、耳後方に付着しています。SCMには、頭部を回す機能と左右に傾けるのを補助する機能があります。 

小児マッサージ・セラピストや訓練を受けた親は、患側を対象にする前に、子供を安全な姿勢にして、健側の側部、後部、前部でストローク手技を優しく行います。多くの場合、このアプローチは痙攣を減少させるのに有効です。 

成人クライアントと違い、複雑なストレッチ・プロトコルは、子供には推奨されません。むしろ、好きな玩具や夢中になる物を使って、子供が自分の頭を回して追うことで組織を軟化させるのがベストでしょう。この優しい動作は、小児クライアントの快適なレベルを調べるのに役立ち、軟部組織を過剰に伸ばすのを防ぎます。

子供が自分の頭を左右に回し、胸まで頭を持ってきて、正中線を合わせることができるよう、親しみやすいアプローチを組み込みましょう。子供がうつ伏せで気持ちよく休んでいるとき、方位と強度を増やせるよう頭を持ち上げてもらいましょう。タミー・タイム(うつ伏せでの遊び)は正常な発達を進め、首と上背の筋肉を増やすのに役立ちます。

 

結論

生産児の300分の1がCMTを呈します。この病態に対処する簡単で、自然な方法を知っておくことは重要です。マッサージは、患側の筋肉を優しく延長させ、子供の成長と発達を促す優れた方法です。加えて、家で行えるよう親に教えれば、子供とのつながりを深める絶好の機会になります。

 

プロフィール

tina-bio-pic-300dpi-4x6_2013BW

ティナ・アレン

 国際リドルキッズ協会代表。メイヨークリニック、UCLAマテルこども病院をはじめとした医療機関にて、医師、看護師、保健師、助産師たちと、小児マッサージプログラムを開発。2010年より来日し、小児マッサージの指導者を養成する。世界各国の病院や児童養護施設においてボランティア活動を行い、その功績は数々のメディアに広く称えられている。世界マッサージ会議などでも基調講演を務め、国際マッサージセラピストオブザイヤー、国際健康人道支援団体としても表彰される。全米テレビ番組NBCなどでも、その活躍が取り上げられている人気講師。